# 天然石は何故効果があると思われているのか

天然石とは、本来は人工的に合成されたもの以外の鉱物や岩石の漠然とした総称で科学的な定義はないようです。また、宝石と呼ぶほどの価値は無いが、装飾目的として建材や半貴石に利用できる足に対して、商業的な価値を与えるためこの呼び名を用いられます。その中で、不思議な効能に関する疑似科学的な説明がつけられ、原価とつりあわない高値で市販される石があり、パワーストーンの同義語として扱われている物があります。それを今回は説明したいと思います。天然石は、古来より願いを叶えたり健康をもたらすとされてきました。それらを最近では総称してパワーストーンと呼ぶ様になりました。宝石はとても美しく希少価値が高いものです。けれど、紀元前の昔より、世界中の王侯貴族たちが意志を装飾品として身につけていたのは、ただ単に美しいからという理由だけではありません。

石には不思議な力があると古代人は思っていたようです。歴史的には、古来から様々な民族のあいだで、貴石や宝石などの天然石には特殊な力があると考えられてきており、ヒスイはマヤ文明やアステカ文明では呪術の道具として用いられており、紫水晶は西洋では魔術や毒を防ぐ力を持っていると信じられていました。この天然石の力についての考えが1970代にアメリカ合衆国でのピッピー文化に取り込まれ、石に癒しの力があると解釈されるようになった。このとき、特に癒しの力が大きいと考えられていたのが水晶です。クリスタルパワーという言葉が作られ、水晶による癒しの効果が説かれる用になりました。その効果の根拠としては、しばしば波動などが持ち出されています。世界中の古代神殿やいわゆるパワースポットと呼ばれる場所をつぶさに調べていくと、不思議な共通点を見出すことができます。祈りの対象物や御神体が、石や岩でできているケースがとても多いです。日本でも水晶を御神体とする神社があったりします。その理由は、石や岩が人の願いを叶える媒介物となってくれるからです。石や岩はその種類によって特定の波動を放っていると考えられ、それが人々の想念と同調してより大きな波動となって私たちの目に見えぬ世界に向けて発信していると考えられています。

実際、最も強力な水晶などは、短波ラジオの電波同調器としても使われてるのです。他にも、聖地のある土地には、地質的に水晶などの鉱物を含んでいたり、大きな断層がある場合が多いこと。龍や蛇などの細長い生き物にまつわる伝説が語られているからなど色々理由はあります。