# アメジストの天然石について

水晶系の天然石の中では珍しく、紫色をしています。これは鉄イオンにより紫に色づいた水晶です。また、宝石としても人気が高く、2月の誕生石としても有名です。情熱の赤と冷静の青が混じりあったこの天然石は、官能の石、知性の石でもあり、恋人たちから宗教者にまで、アメジストの持つ深い霊的作用により愛用されてきました。古代エジプトでも、ユダヤの司祭が宗教儀式に身につけていた宝石として多くの文献に登場します。アメジストの名称は「酒に酔わない」というギリシャ語に由来しています。アメジストを身につけることにより、酒に強くなる、悪酔いしなくなるといった効果まであります。アメジストに加熱処理をすると、鮮やかな黄色に変化します。これは「シトリン」と呼ばれる天然石で、アメジストの持つパワーと全く異なるものです。では、このアメジスト、一体どういった力を持つ天然石なのでしょうか。

アメジストは神秘、神聖といった言葉にふさわしい力を備えています。夜から朝に、夕方から夜にかけて空を一瞬染める紫、光のスペクトルにおいて究極の位置に存在する紫など、自然界における紫の存在は、天界や神、冥界からのメッセージを持っているとされています。そのことからも、アメジストは、水晶の持つスピリチュアルなパワーを最もよく発揮できる天然石です。アメジストを持つとインスピレーションがわいたり、勘が冴えたりするといった効果があります。また高度なチャネリングやテレパシーが可能になったり、守護霊を強くして邪悪から身を守れるようになります。一方で、アメジストは官能のエネルギーを秘めた、大人の女性、成熟した男性の天然石とされています。仙骨のチャクラをの覚醒を助け、男性、女性としてより魅力的になれると言われています。しかし、冷静さを呼ぶのもアメジストの特徴です。のぼせあがった恋から覚めた時に、身につけていたものがアメジストだったという話ですらあるとのことです。アメジストは、神秘学や心霊に興味を持った時に。信仰心が強くなった時に守護霊の力を強めたい時に、お酒の酔い止めに、学術を奥深く理解したい時に、不眠の時に、船酔いや車酔いに、効果を持っている天然石です。

アメジストはダイヤモンドと組み合わせることで、お互いのパワーがより強まると言われています。名誉運に恵まれるといった効果を期待できます。以上がアメジストの持つパワーです。もし、一つでも当てはまることがあれば、身につけてみてはいかがでしょうか。